SMBC

お客さま本位の業務運営における取組状況

1. お客さま本位の業務運営

「SMREMお客さま本位の業務運営に関する基本方針」に係る2022年度の取組状況を以下のとおり取りまとめましたので、公表致します。
引き続き、お客さま本位の業務運営を推進し、定期的に本方針に係る取組状況について確認するとともに、必要に応じて本方針の見直しを行ってまいります。

2. お客さまの最善の利益の追求

当社は、本投資法人の投資方針等に従い、安定的な収益の確保と投資資産の持続的な成長を図ることにより、投資主価値の最大化を目指しています。
投資主の皆さまにおかれましては、専用 ID 及びパスワードを用いて、本投資法人のウェブサイトへアクセスし、当該情報等を確認することができます。

IR ライブラリー:https://smpr.co.jp/member/ir/library.html
決算ハイライト:https://smpr.co.jp/member/ir/highlights.html

また、当社では、高い専門性と職業倫理を維持するために、役職員に対し業務に関係の深い専門資格の取得を奨励しています。
2023年4月末時点における、主な専門資格の取得状況は以下のとおりです。

資格名 保有者数(人)
宅地建物取引士 8名
不動産証券化協会認定マスター 6名
不動産鑑定士 1名
ビル経営管理士 1名
賃貸不動産経営管理士 1名
不動産コンサルティングマスター 1名
  • 各資格試験の合格者を含めて記載しております。
3. 利益相反の適切な管理

当社は、本投資法人が当社及び SMBC グループ各社を含む当社の「利害関係者」との間で取引を行おうとする場合には、「利害関係者取引規程」で定める所定の手続きに従い、外部専門家の参加するコンプライアンス委員会での審議を経る等、厳格な取引内容の審査を行うことで利益相反の適切な管理に努めております。
2022 年度におけるコンプライアンス委員会の開催状況は以下のとおりです。

項目 2022年度
コンプライアンス委員会 開催回数 6回
4. 手数料等の明確化

当社が本投資法人から受領している資産運用報酬については、その内容を商品概要説明書等に記載し予めご説明するとともに、その具体的な実績額については資産運用報告等に記載し、直接ご説明又はウェブサイト等で開示することで明確化しています。

5. 重要な情報の分かりやすい提供

当社及び本投資法人は、法令等が要請する情報開示に加えて、お客さまに有用かつ適切と判断される投資情報を、情報の透明性及びわかりやすさに配慮し、ウェブサイト等を通じて正確かつ迅速にご提供しています。
詳細は、本投資法人のウェブサイトへアクセスし、以下をご参照ください。

IRライブラリー:https://smpr.co.jp/member/ir/library.html
ニュースリリース:https://smpr.co.jp/member/ir/index.html?cate=all&year=2022

6. お客さまにふさわしいサービスの提供

当社は、本投資法人の資産運用について、「運用ガイドライン」の遵守等を通じてお客さまにふさわしい運用サービスを提供するよう努力するとともに、そうした資産運用の状況がお客さまに分かりやすく伝わるよう、IR活動に注力してまいりました。
2022 年度におけるIRの活動件数は以下のとおりです。

項目 2022年度
機関投資家とのIRミーティング 延べ53社
7. 従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

当社は、誠実・公正な業務の遂行及び利益相反の適切な管理等を徹底するため、毎年コンプライアンス・プログラムを策定し、全役職員に対して継続的かつ定期的にコンプライアンス勉強会を実施しています。
2022 年度におけるコンプライアンス勉強会の開催件数は以下のとおりです。

項目 2022年度
コンプライアンス勉強会 10回